労力(SNSにおける長文と短文)

最近は、欲望とアンチエイジングとメイクの年相応なワンランク上げとApple製品研究と娯楽程度のカルチャーとの狭間で生きています。

 

大阪に引っ越してきたのですが、純喫茶巡りも再開しました。

お金がかさむからやめよう、と思ってたけど。

省みると、いつのまにやらそれなりに地を転々としていたわたしにとって、

そこに馴染む、ということは、半径2キロ以内(自転車で15分以内)に、お気に入りのお店や居心地よくコーヒーを飲める場所を確保する、といことになっていたようです。

 

とにかく、マイブームは自分の欲望に素直になること、です。

 

mixi全盛時代に自我の形成後期を過ごしたアタシラですが、

そこで年相応の欲望の効もあり、

文章表現の楽しさ(ストレス解消程度の)を知りました。

時代の変化にならい、

FacebookTwitterに移行したものの、、、

全然慣れませんでした。

 

わたしの趣向が古いのでしょうか。

人格形成期に影響したものに、とらわれ続けているのでしょうか。

 

ほんとうに短文をかけない性格なのでしょう。

短文を書こうとすると、わたしは本当に日本語が下手になってしまいます。

だってアレ、文法違うもん。

わたしの言語による思考体系が、それなりに長さを必要とする一文と様々な文法を組み合わせないと表現できないことがわかりました。

誤解を恐れて付け加えると、

別に複雑なことを考えているわけではありません。

浮かんでくるのは単語なのです。

それを違和感なくつなげるためには、多くの助詞や助動詞や文法を必要とするだけです。

長文とは、伝えたいことへの軌道修正や帳尻あわせの積み重ねです。

散文詩になりきれない、わたしの散文詩です。

だから要約もできません。

わたしにはストレートな言葉は見つからないし。

感覚の赴くように書きたいからです。エモくなってるからです。

 

そして、他の皆さまのように、それぞれの書き方を場によってスイッチできるほど、

機転もきかないのでした。

 

わたしは文章を書くという労力を、エモくなるという欲望で間に合わせているので、

人に伝わる事実をお友達に向けて書くFacebookも合いませんでした。

 

どうしてmixiのように、Twitterのように自意識を込めつつもダラダラ長文を書くことが許され、いいねがつかなくてもアクセス回数や足跡で承認欲求をみたせ、

全然それに対する言及をしなくても、コミュニティで趣味仲間を見つけられる、

便利なSNSツールが廃れてしまったのでしょう。

最近、たまにログインしては切なくなります。

ゼロ年代の若者達の自意識がそのまま化石になって残っているので、

ゼロ年代研究の人たちにとっては役立つことこのうえないと思います。

 

みんな、はてなブログTwitter二刀流になったの?

Twitter使う人はみんな、はてなブログで長文を書く欲求をみたしているとでもいうの?

 

それならわたしも…

マイブームが欲望に素直になることだし、

素直に長文書いてみるさってことで、

今回のこの記事、

FacebookTwitterと、mixiなどの違いを、

長文と短文などの具体例をあげつつ、文章を書くという観点から書いてみたよ、

というはてなブログらしいものになったのではないでしょうか。

せっかくなので、タイトルもカッコ内にそれらしいものを書いておきます。

機転をきかせていきたいです。

 

(大部分は、昨日の純喫茶でエモくなりながら書きましたが、

 今まとめているのは、スターバックス。シメに向けて、エモさが半減していったの、バレてしまったでしょうか。

iPad Air2の画面に iPad pro 12.9用のキーボードで打ち込んでいるので、

なんだかえらくカスタマイズしてるノマドのようになってしまいましたが、

ただ9.7インチ向けのをもってないだけです。)