読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなブログと読書ブログ

 

先日課題で久しぶりに長文を書いていて、結構気持ちよかった。

高校の頃mixiに長文書きなぐってて、少しは精神的に平衡とれてたことを思い出した。ツイッターで小出しにする訳でもなく、日々の中で思いっきり書いてみること。

書くことに飽きたりるぐらい、毎日書き続けていないと駄目なんだな、と思った。

ある程度、人に見える形で。それなりに、世界に伝える気持ちで書いていかないと、文章うまくならないし、整理もできない。

 

っていうか就職までの個人的な整理にもなればいいのですが。社会と自分の間で。

これをポートフォリオに出すわけにはいかないし、単に試験的な意味で、社会にこの文章を伝える人間として認識されることを前提とした上で、私は何を覚悟の上に書くことができるのか、そして伝えることができるのか。

そしてある程度、添削し続けること。

 

それにしても、ツイッターのデフォルトの背景の色には、どういう心理効果が隠されているんだろう。きっと今より、奥へ奥へ吐露したくなっていたはずだ。

単なる私の欲望に、すぎないのか。

 

まあ一番の動機は読書ブログはじめようと思ったことですけど。